一般社団法人 人生安心サポートセンターきらり

きらりQ&A

サイトTOP > きらり > きらりQ&A

きらりQ&A


きらりへの入会について
Q1.入会にあたり、条件はありますか?
きらりQ&A

きらりでは、入会申込を頂いた後に審査をさせていただいております。
審査では、主に以下の2点を重視しております。
①きらりのサービスについて理解する能力を有するか…
 たとえば、既に重度の認知症を発症していないかなど。
②会費等のお支払いが継続可能であるかどうか…
 安定した年金収入か、ある程度の資産がある方であれば入会可能です。
たとえば、若い頃からサラリーマンとして民間企業か官公署に定年まで勤務した方であれば、審査基準に達するはずです。また、これに該当しない方でも諸般の事情を総合的に考慮したうえで審査しておりますので、お気軽にご相談下さい。

▼人生安心サポートセンターきらりホームページ内「料金システム」
http://kirarihiroshima.info/kirari/system/index.html

注)平成26年5月31日付 毎日新聞朝刊にて、遺産の全額寄附を契約条件とする老後支援団体があることが報道されました。きらりの契約条件には、前記のような内容は断じてございません。ご安心ください。

ページの先頭へ

Q2.入会時に資産を全てきらりへ開示しなければならないのですか?
きらりQ&A

継続して会費のお支払いが可能か確認させていただくため、おおよその資産について聞き取りをさせて頂いております。入会後に任意後見契約を締結する場合は、後見人受任者としての業務のために、必要に応じて資産を開示していただく必要があります。もし、意図的にきらりへ開示しなかった資産があった場合、その資産についての保全責任は負いません。

ページの先頭へ

Q3.県外に住んでいても利用できるのですか?
   また、将来的に県外へ転居する予定でも利用できるのですか?
きらりQ&A

いずれも利用可能ですが、きらり事務局がお伺いすると、
交通費がかかります。
※入会前にお見積もりさせていただくことも可能です。

ページの先頭へ

Q4.生活保護を受給していても入会できるのですか?
きらりQ&A

会費のお支払いを入会条件とさせて頂いておりますので、現在はお断りさせていただいております。現在は、福祉コースを準備中です。この福祉コースへの寄附やボランティアが確保できしだい、生活保護者や経済的弱者向けのサービスを開始します。

▼人生安心サポートセンターきらりホームページ内
「ボランティア・ご寄附のお願い」

http://kirarihiroshima.info/kirari/kifu

ページの先頭へ

Q5.判断能力が低下していても入会できるのですか?
きらりQ&A

ケースによりますので、一度無料の入会相談をご予約いただく事をお勧めします。

ページの先頭へ

Q6.入会申込時に必要なものを教えてください。
きらりQ&A

ご印鑑をご準備ください。また、資産状況が簡単に把握できるものもあれば、併せてご準備ください。
きらりファミリー安心コースへの入会審査に合格すれば、公証人役場で契約の手続きをいたしますので、契約時に必要なものは、あらためて入会審査の合格後にお知らせします。

ページの先頭へ

Q7.親族に迷惑をかけたくないので入会を希望します。
   入会すると親族と疎遠になってしまうのですか?
きらりQ&A

そのようなことはございません。
きらりのサービスを活用いただくことにより、親族様にもご安心いただけ、よりよいお付き合いを続けて頂くことが可能になります。
現在の日本では、親族様が遠方の場合や、親族様も高齢の場合など、本人に何かあっても急なかけつけも難しく、本人の日常の支援が難しい環境の方が増えております。
そのような場合に、ぜひきらりのサービスをご活用ください。
親族様へも、きらりから適切な方法とタイミングで会員様の状況を報告いたします。
親族様は、自らの生活スタイルを変えることなく、無理をしないで会員様とのこれまでのお付き合いを続けて頂くことをお願いしております。
当然ながら、葬儀などの場合は、会員様と親族様の意向を優先させていただきます。
必要以上にきらりのサービスをご利用いただく必要はございません。
親族様ができない部分のみ、きらりが代わりにお手伝いします。

ページの先頭へ

きらりについて
きらりのサービス
料金システム
老後不安10 の悩み解決
会員さまの声
きらりQ & A
お問い合わせ・無料個別相談お申込み・資料のご請求
無料個別相談
賛助会員募集
報道情報
きらり葬・お墓
保証人・身元引受人・後見人
講演依頼について
ボランティア、ご寄附のお願い