一般社団法人 人生安心サポートセンターきらり

きらりについて_img.gif

サイトTOP > きらり > きらりについて

きらりについてtitle01.gif

一般社団法人「人生安心サポートセンターきらり」は、老後の生活で起こりうる、あらゆる問題のサポートを目的として設立された非営利の組織です。
広島を中心に活動する資格業(弁護士、税理士等)、元公務員、起業家らが共同で結成しました。


 当法人は、人が歳を重ねていったときに、その生活の中で起こりうる、あらゆる問題をサポートすることを目的として設立されました。わたくしたちは、高齢者のサポーターあるいは執事となり、地域に密着した法人として、広島という場所で『安心して最期まで自分らしく生きる』という人生設計をご提案します。たとえば、高齢者の連帯保証人の引受及び身元引受のほか日常生活の支援、資産の有効活用、死後の手続きなど、家族としての役割を引き受けます。
自分の人生観や価値観の変化により、生涯一度も結婚をしない方や、子供を持たない夫婦・事情により単身となった方々が増えてきました。親戚がいる方でも、「退職後に備えた多少の資産はあるから、これを活用しながら親戚の世話になることなく、心身ともに穏やかな終末を迎えたい」と考える方もおられます。しかしながら、介護や医療施設は周囲に複数あるものの、自分に適した入居先や診療の受診先の状況に関しては、ほとんどの方が口コミや知人等の話に頼っているのが現実です。そのため、医療や介護、資産の活用方法などについて、正確な情報を得て、自分の判断において選択するということが満足にできず、せっかくの資産を十分に活用できていない高齢者が数多く存在します。
ところで、法律上の制度として、判断能力が低下した方の財産管理などをするために、成年後見制度がありますが、その制度のなかでできることは限られています。たとえば、介護施設に入所する際は連帯保証人や身元引受人が必要ですが、成年後見人が当然にそれを引き受けるとは限りません。また、成年後見人は親族のほかに、司法書士等の資格をもつ専門家が就任するケースが多いのですが、後見人の横領事件も後を絶たず、後見人の行動を事前にチェックする法制度ではありません。さらに、後見人の権限は本人の死亡により終了するので、死後の事務に対応することも困難です。
わたくしたちは,このような実情を考慮し、良質な各種専門サービスの情報を提供するとともに、事前及び事後のチェックを行いながら、後見人制度ではカバーしきれない連帯保証人の引受及び身元引受、さらには死後の事務をも引き受けることで、高齢者が安心して毎日の生活を送れるよう万全の体制でサポートいたします。
わたくしたちは地域に密着した法人として、広島という場所で『安心して最期まで自分らしく生きる』という人生設計をご提案いたします。

ページの先頭へ

きらりについて_btn.png
きらりについてbtn01_2.png
きらりについてbtn02_1.pngきらりについてbtn02_1.png
きらりについてbtn03_1.pngきらりについてbtn03_1.png
きらりについてbtn04_1.pngきらりについてbtn04_1.png
きらりについてbtn05_1.pngきらりについてbtn05_1.png

きらりについて
きらりのサービス
料金システム
老後不安10 の悩み解決
会員さまの声
きらりQ & A
お問い合わせ・無料個別相談お申込み・資料のご請求
無料個別相談
賛助会員募集
報道情報
きらり葬・お墓
保証人・身元引受人・後見人
講演依頼について
ボランティア、ご寄附のお願い